2017年の振り返り

こんにちは。無事(?)に2018年を迎えられそうな気がします。
2017年も終わりなので1年の活動を振り返ってみたいと思います。

2017年は2年連続WWDCの参加、初のiOSDCの登壇が大きいイベントな気がします。

会社のブログ

会社のブログで僕が書いたものの一覧です。
6月がやたら多いのはWWDC関連ですね。後、後半登壇系でカサ増ししている様な気がしますがきっと気のせいです。

1月

何故TimersのiOSチームではモダンアーキテクチャを採用しないのか

3月

Gitでpushする前にテストが通る事を確認する

4月

WWDC Pre Party 2017 を開催しました #wwdc_pre_party

6月

WWDC 2017に参加する為にアメリカのSan Joseに来ています

WWDC 2017まで後1日!

WWDC 2017 Keynote & Platforms State of the Union #wwdc2017

Carthageを利用しているプロジェクトでXcode 9 betaでビルドが出来ない時は?

Swift 4からFoundationに採用されるCodableプロトコルに感動した #wwdc2017

Xcode 9からテストが大幅に進化します! #wwdc2017

2016年と2017年のWWDCの違い #wwdc2017

WWDC After Party 2017 @Ebisuを開催しました #wwdc_ebisu

8月

SwiftでURLのクエリーが簡単に生成出来るライブラリを作った #swift #URLQueryBuilder

9月

iOSDCのLT枠で登壇しました #iosdc #a

10月

「3年以上運用しているアプリにUIテストを導入した」というタイトルで俺コン Vol.1 / Day. 2に登壇しました #orecon_ios #fastlane_study_jp

11月

AWS re:Invent 2017 Pre Party @Ebisuというイベントを開催しました! #aws_ebisu

ARKitを利用した機能をFammに入れた時に苦労した事 #arkit #fammmeasure

12月

「何故テストが書けないのか」というタイトルで #ios_test_night で発表してきました

#akibaswift 忘年回で「Poly API for ARKit」というタイトルで登壇してきました

登壇

2017年最初の登壇はShinagawa.swift #2での登壇でした。
今の株式会社LIFULLがまだNextで品川にあった頃ですね。
これは登壇を依頼されたのに依頼した人がまさかの欠席でびっくりしたのをよく覚えています。

自社イベントを開催して「2016年に初めてWWDCに当選して行ってきました✈️」というタイトルで発表しました。

WWDCから帰ってから2日後のイベントのAKIBA.swiftで発表してきた内容です。
Codableに衝撃を受けて勢いで発表してきましたが、実際に使う機会も増えて来て改めて便利だなーと感じています。

WWDC後に自社イベントを開催した時に発表したものです。

WWDC後にMAMORIOさんで開催された「GEEK GARAGE iOS vol.3」で発表してきたものです。
今は全然使えてないですがDepth APIを調べて簡易的にクロマキーを試してみました。

WWDC後にNext改めLIFULLさんで開催された「WWDC – Developer’s Living」にて発表してきたものです。
WWDCの発表内容が毎回凄いなと感じていてライブコーディングの手法を1つ真似してみたものです。
ついでにCoreNFCの実装をライブコーディングしてみました。

iOS Creators Meetup vol.4にて発表してきたものです。
ARKitが当時は全然分からず、SceneKitも分からない状態から調べて簡単なアプリなら作れるぐらいになったので発表してきました。
ちょうど @akatsuki174 さんの最終出社日と重なり思い出深い日でした。

iOSDC 2017にて発表してきたものです。
今年一番緊張しました。早口にならない様に意識してたはずが動画を見返すとやはり早口になってました。
このあたりは練習あるのみですねぇ。

iOSDC 2017の非公式リジェクトコンの俺コンというイベントで発表してきたものです。
社内のアプリにUIテストを入れてみて困った所をライブラリ化してみた話です。
何気に15分のトークは初めてだった気がしますがちょうど15分ぐらいで終わってほっとしました。

俺コンに引き続きDeNAさんで開催されたiOS Test Night #6で発表してきたものです。
個人的に作っている # Typeというアプリに元々テストが無い所からテストを追加してみた話をしました。
まだまだテストは足りて無いので少しずつ頑張ります。

開催直前に喋ってくれないかと言われてAKIBA.swift 忘年回で発表したものです。
PolyというGoogleの3DデータプラットフォームにAPIが出来たのでそれをARKitで使ってみた話をしました。
細々とした所に辛みを感じたのでライブラリにしました。

まとめ

ちなみに昨年のまとめはこちらですが、今年の方が精力的に活動出来た様な気がします。
ただ、プライベートの時間を結構犠牲にしてしまった感があるので、来年は登壇等は控えて自分のスキル上げたり勉強するなりする方向に寄せようかなと思っています。