WWDC 20

51

Write tests to failをみた #WWDC20

setUp

Xcode 11.4からsetUpWithErrorという新しいsetUp関数が導入されエラーをthrowすることができるようになった。これはテストを実行する前の初期設定で問題が見つかった時に気付けるようにする。

class RecipesTests: XCTestCase { let app = FrutaApp() override func setUpWithErro

もっとみる

Get your test results fasterをみた #WWDC20

こちらの記事には非公開の情報が含まれているのでApple Developer Programに登録しNDAに合意している方のみ閲覧してください
#WWDC20 3日目です(日本では木曜日ですがPDTではまだ水曜日)。

フィードバックループ

テストを書き、実行、結果を解釈して、十分な自信があれば次のタスクへ。

短いフィードバックループを持つことがテストの結果をより早く得ることができるので重要

もっとみる

WWDC 2020におけるTesting周りについて軽く調べてみた - セッション始まる前のはなし -

WWDC 2020がはじまりましたね。

API Diffsに関しては次のとおりです。

Xcode11.0からのAPI DiffsをみるとXCTestも色々と追加、変更があります。

ここから次についてピックアップして紹介してみたいと思います。
- Skipping Tests
- User Interface Tests
- XCTIssue

Skipping Tests

新規のAPIとし

もっとみる
ありがとうございます!