WWDC 20

51

忙しい人向けの App essentials in SwiftUI - #WWDC20

忙しい人向けシリーズの第16弾。

冒頭

今年の SwiftUI では Scene と App が追加され、SwiftUI だけで完全なアプリを開発できるようになった。

今日のアジェンダ。

Views, scenes, and apps

まずは View について。

アプリ上で目に見えるものはすべて View であり、画面上のピクセルは何らかの View によって提供されたもの。

しか

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Embrace Swift type inference - #WWDC20



冒頭

以下の構成で見ていく。

Leveraging type inference

型推論とは、明示的な型指定を省略できる仕組み。ここでは x の型を指定していないが、コンパイラによって右辺の文字列リテラルから推論される。

型を明示的に指定するには「: (コロン)」のあとに指定するか・・・

as キーワードで指定する。

スムージーの一覧に検索機能を追加する例を見ていく。

現状のコー

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Data Essentials in SwiftUI: Part 1 #WWDC20

データ設計

SwiftUI で View を作るときに3つの質問が役立つ。

・必要としているデータは何か?
・どのようにデータを操作するか?
・データはどこから来るのか(Source of Truth)

データモデルの設計において、最後の質問がもっとも重要。

データを操作しない View は状態を let プロパティで宣言でき、Source of Truth は親ビューが BookCard

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Design great widgets: Part 1 - #WWDC20



・Part 1(この記事)
・Part 2

冒頭

iOS 14 でウィジェットは完全に再設計された。これまで以上に最新かつ文脈(コンテキスト)に基づいた情報が表示されるようになった。

ホーム画面に直接追加できるようになった。

スマートスタックは複数のウィジェットを1つにまとめて表示でき、フリック操作でローテーションできる。

さらにスマートスタックは、ユーザの行動とコンテキストに基づい

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Design great widgets: Part 2 - #WWDC20

Part 1 からの続き。

次に、作成について見ていく。

Sizes and Interactions

ウィジェットは、Small / Medium / Large の3つのサイズをサポートする。

Small は、アプリで最も役立つコンテンツが、実際にどれくらいで収まるかという制限でデザインした。

Small はシングルタップをサポートしており、アプリへの Deep Link が行える。

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Distribute binary frameworks as Swift packages - #WWDC20

冒頭

Xcode 11 ではソースコードベースのライブラリを配布するために Swift Package がサポートされた。また、バイナリベースのライブラリを配布する良い手段として XCFramework を導入した。

Swift Package でバイナリベースのライブラリを配布できるようになった。

利用する

バイナリのライブラリでも、ソースコードのライブラリと同様に Xcode プロジェ

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Build document-based apps in SwiftUI - #WWDC20



ドキュメントベースのアプリとは

人々は Mac の Finder や iOS の File アプリを利用してファイルを管理してきた。

これらは、その場でシームレスにアプリを開いて表示・編集できることを期待する。

Pixelmator など一度に複数のファイルを開くことができるものもある。このようなドキュメントの管理を行うアプリのことを『ドキュメントベースのアプリ(document-bas

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの #WWDC20 まとめ

WWDC20 のセッションについて、忙しい人が短時間でキャッチアップできるように要約(意訳)した記事をまとめたものです。セッションの流れをそのまま追うような構成にしています。

Swift

忙しい人向けの What's new in Swift

忙しい人向けの Embrace Swift type inference

忙しい人向けの Explore logging in Swift

忙しい

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの XCTSkip your tests - #WWDC20



冒頭

とくにインテグレーションテストにおいて、簡単にはモックできない要件や依存関係がある。例えば、iPad 特有の機能は iPhone ではテストできないし、メンテナンスのために定期的にオフラインになるサーバのテストも難しい。これらはいずれも実行時にしか判断できない。

テストの実行条件を満たさない時に、早期 Return または失敗させる方法が考えられる。どちらも欠点があり、前者はテストし

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。

忙しい人向けの Design with iOS pickers, menus and actions: Part 2 - #WWDC20

パート1からの続き。

日付ピッカー

これまでの日付ピッカーは以下のようなデザインだったが、

iOS 14 では以下のような新しいデザインになった。

リマインダーは新しい日付ピッカーの利用例としてよい。水平方向にスワイプして月を変更したり、

年月を選択できる。

時刻はテンキーで入力するようになった。

インラインで表示する例を見てきたが、コンパクトモードではボタンタップ時にモーダル表示す

もっとみる
役立つ内容だと感じたら、他の方へもシェアをお願いします。