入社してから作ったSlackカスタム絵文字まとめ 2020年5月版
見出し画像

入社してから作ったSlackカスタム絵文字まとめ 2020年5月版

 5月に入社してそろそろ1ヶ月程度になります。入社してすぐ思ったことは思ったよりカスタム絵文字が少ないなということでした。Slackは約5年ぐらい利用しているので、もはや文字で打つよりカスタム絵文字で会話することに慣れてしまっていますし、変換で打ちたい漢字を探すよりコロン(:)と特定の文字列を打ってしまった方が早かったりします。というわけで入社して早速最低限必要なカスタム絵文字から作っていきました。

勤怠報告系

 これ系が無いことに衝撃を覚えたのですが入社間もない状態ではスキルもそうですがちゃんと報連相ができることも大事かなと思います。ただ、都度仰々しいことを書くのも面倒なのでカスタム絵文字を投稿して勤怠に関する報告をするようにして自分の心理的ハードルを下げています。

画像1

業務依頼系

 仕事をしていく中でタスクを依頼することもありますがそういう時に内容もそうですがいつまでに終わらせて欲しいかを連絡することも大事ですよね。そういった時にさくっとカスタム絵文字を付与することでいつまでに実施して欲しいのかを緩く知らせることが可能です。

画像2

ちなみにこのカスタム絵文字を追加したところ社内で歓喜の声や大喜利が盛り上がって嬉しかったです。

とても欲しかったスタンプ!!
これはいい・・・・!

画像3

その他

画像4

さくっと返事するのに便利な物から今見ると何故追加したのかよく分からない物までありますね...個人的には無いと困る物が多いです。

入社して感動したリアクションに関する機能

 僕はエンジニアなのでGitHub Issuesを利用することが多いのですが、Issuesを書くのって正直面倒ですよね。note社ではSlackにやりたいことを書いてiOS Issueリアクションを貼れば自動的にGitHub Issueが作成されるbotがあります。

 特に今はモバイルチームにPMなどがおらずやることは自分たちで話しながら決めていくので、Issueを書くことが多いです。本当にやらなければいけない作業に時間を割くことができるので入社して一番感動したし一番よく利用しています。
 また、カスタム絵文字を追加すると#fyiチャンネルに自動で登録されたことが通知されます。

画像5

まとめ

 入社して以来ずっとフルリモートで働いているのでコミュニケーションの大半をSlack上で済ませています。リアクションは社内共通の言葉になったり、企業の風土を形作るものだったりするので、積極的に作って使っていきたいなと思います。(まとめるの大変なので来月以降も続けるかは未定です)
 Twitterで要望をもらったのでzipにしてまとめました。欲しい方は以下からどうぞ!

この続きをみるには

この続き: 64文字

入社してから作ったSlackカスタム絵文字まとめ 2020年5月版

かっくん / iOS Developer

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🦾