ヨレヨレのTシャツをファブリックパネルにしてみた
見出し画像

ヨレヨレのTシャツをファブリックパネルにしてみた

2年前ぐらいにAltConfに参加するついでにCupertinoのApple Storeで購入したお気に入りのTシャツがあったのですが、着過ぎて首元がヨレヨレになってしまいました。

マンションを購入して引っ越しを見据えていく中だったので、着古した服などは断捨離している最中なのですが、さすがにこれはもったいないなと思って悩んでいるところ、妻から「ファブリックパネルにすればいいじゃん」とアドバイスを貰って「それはいいな!」と思ったので実行してみました。

参考サイト

購入したもの

Amazonでタッカーとパネル本体、水テープを購入しました。

作ってみる

制作過程の動画をYouTubeに上げました。よかったらチャンネル登録と高評価をお願いします!

簡単に流れを説明すると

Tシャツにパネルを置いてみます

サイズを確認して

Tシャツをハサミで切る

利用する部分だけTシャツを切っていきます

Tシャツにタッカーを打つ

タッカーで端を止めていきます

余った記事をハサミで切っていく

余った生地をカットして

パネルの角の生地もタッカーを打つ

角もタッカーで止めていきます

水テープでタッカーが見えないように貼り付け

水テープを貼れば

完成したファブリックパネルを壁に設置

完成です!

まとめ

首元がヨレただけで見た目が気に入っているTシャツを有効活用する方法としてこういったパネルにしてしまうのはいい方法だなと思いました。タッカーの芯と水テープがまだまだあるのでパネルさえ買ってしまえば色々できるなと思うと今後も色々作りたくなってきました。
この記事がTシャツなどの処分に困っている人のヒントになれば嬉しいです。

P.S.
もちろん途中で我が物顔の邪魔者が入ってきます。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

note新エディタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🙌🏻