What's New in SiriKit and Shortcutsをみた #WWDC20
見出し画像

What's New in SiriKit and Shortcutsをみた #WWDC20

こちらの記事には非公開の情報が含まれているのでApple Developer Programに登録しNDAに合意している方のみ閲覧してください

iOS 14でコンパクトなデザインで登場した。重要な情報だけに焦点を当てられるようにした。ショートカットで入力が必要な場合にコンパクトな入力画面が表されるようになった。テキストや数字、日付などが入力できる。メッセージやメールを作成したり、写真を選択したり、曲を選んだりすることもできる。

Disambiguation(曖昧性)

iOS 14からオプションに画像とサブタイトルを追加することができるようになった。似たような選択肢を視覚的に区別するときなどに役に立つ。しかし、利用には注意が必要。情報量が増えて圧倒されてしまうことがある。

Intents UI

独自UIを実装する場合においても高さを控えてなるべくユーザーの邪魔をしないことが重要。背景色を透過にしておくことでどのような場合にも適切に表示される。

iOS 14からの新機能

フォルダ
整理をより簡単に。
watchOSサポート
watchOS上でShortcutを実行することが可能に。Shortcutの詳細画面からApple Watch上に表示するか設定することが可能。更に詳細は Create quick interactions with Shortcuts on watchOS セッションを参照。
新たなトリガー

Emailやメッセージを受信した時
アプリを閉じた時
バッテリーが一定のレベルに達した時
充電器に接続した時
端末をスリープ状態にした時

にShortcutの実行が可能に。
自動的に実行可能なタイミング

時間を設定
アラーム
スリープ
ワークアウト
CarPlay
飛行機モード
NFC
DND
Low Power Mode
Open/Close App
Battery Level
Charger

ギャラリーの提案
どのように端末を使っているかによって便利なShortcutが提案される。
更に詳細は Feature your actions in the Shortcuts app セッションを参照。睡眠
睡眠に関するルーティーンを実行している場合に、開発者のShortcutを提案してくれる。INShortcutAvailabilityOptions APIを利用して睡眠に良い物として設定する。更に詳細は Integrate your app with Wind Down セッションを参照。

まとめ

更に知りたい場合は Get the most out of Siri, Shortcuts, and SiriKit セッションを参照。KeynoteでwatchOSに睡眠トラッキングが入ったけどここでも睡眠に関するアップデートがあり面白かった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
😻